4. リフォーム工事(DIY)

DIYで古びた床をリニューアル!内装職人さん直伝の施工方法とフロアタイルを格安で購入できるショップをコッソリ教えるよ

こんにちは、モーガンです!茨城県で12棟75世帯を賃貸経営する専業不動産投資家です。

私は7年以上、空室の床材にはフロアタイルを採用しています。こちらは私が愛用しているサンゲツWD861ロッキーオークという柄のフロアタイルを施工した後の写真です。

弟子の亀丸
弟子の亀丸
オシャレ!築35年のアパートには見えないです!
モーガン
モーガン
フロアタイルは質感や見栄えがとてもいいから気に入ってるんだ

フロアタイルは高いという人もいるけど、クッションフロアと比べて長持ちするので十分、費用対効果がある床材だと思います。それに、私の場合はDIYで施工するので、業者さんにクッションフロアを施工してもらうよりも安く抑えられています。

何よりフロアタイルは美観に優れているので、内見してくれた入居者さんや賃貸仲介さんから評判が良いですね(詳しくは健美家コラムにも書いてますので、読んでみてくださいね!)。ぜひみなさんの物件でも試してみてほしいなと思います。

そこでこのブログ記事では、

  • フロアタイルをDIYで貼る方法
  • 誰でも体験できる施工研修会の参加方法
  • フロアタイルを安く購入できるお店・ネットショップ

について情報共有したいと思いますので、最後までお付き合いください!

フロアタイルの貼り方

フロアタイルを貼るのはそんなに難しいことではありません。カッターを扱える小学生高学年以上であれば子供でもできてしまいます。

大きな流れは以下の4ステップです。

①まずは部屋に中心線を引きます。

②次にフロアタイルを敷き詰めていきます。この時、壁際は適切な大きさにカットします。

③フロアタイル用のボンドを床に塗布します。

④カットしたフロアタイルを貼ります。残り半分も同じことを繰り返して完成です。

より詳しいフロアタイルの貼り方や便利グッズについては、こちらの記事にまとめてありますので、よろしければ読んでみてください。

【フロアタイルの隙間やボンドのはみ出しは怖くない!】未経験者が床リフォーム(フロアタイル貼り)で注意しておきたいポイントと必須アイテム5選「不器用だし、体力にも自信がない...」と自分で空室の床をDIYリフォームするのを諦めていませんか?いくつかお助けアイテムを用意すれば簡単に作業できますよ。注意すべきポイントと共に5つの必須アイテムをご紹介します。...
モーガン
モーガン
ね、簡単でしょう?
弟子の亀丸
弟子の亀丸
簡単そうだけど、写真だけじゃイメージが湧きづらいな…
モーガン
モーガン
それなら、この2つの動画を見てみて。現役の職人さんがわかりやすく教えてくれているよ!

DIY施工研修会で実際に体験してみよう!

弟子の亀丸
弟子の亀丸
頭では理解できたけど、実際にやってみないと不安だなぁ…
モーガン
モーガン
そんな人には、DIY施工研修会に参加するのがオススメだよ

もし最初から自分でやることに不安がある方は、先ほどの動画の職人さんが直接指導してくれるDIY施工研修会に参加することをオススメします。

内装工事業者のアーバントラスト株式会社さんが不動産投資家向けに定期的に開催しているので、以下のホームページから応募してみてください。無料から数千円で参加できます。

ちょうど10月16日(日)東京品川サンゲツショールームにて、フロアタイルの施工研修会が行われます。ぜひ参加してみてくださいね!応募はこちらから↓

https://urbantrust-corp.jp/diylesson-contents/diylesson12/

その他にも壁紙やリアテック化粧シートなどのDIY施工研修会もありますので、日程や応募方法について、こちらから定期的にチェックしておいてください↓

https://urbantrust-corp.jp/diylesson/

フロアタイルはどこで買うのが一番お得?

フロアタイルはホームセンターやネットショップで簡単に購入することができます。私がいつも購入しているのは、スマホアプリのMyher’s Market(マイハーズ・マーケット)です。先にご紹介した内装業者のアーバントラスト株式会社さんが運営しています。

大手内装業者さんの仕入れ価格で小売してくれるので、各社ネットショップよりも安く手に入れることができます。さらに、工事現場で余った材料や廃盤品などをお値打ち価格で購入できるので、安くおさめたい人にはオススメです。

マイハーズ・マーケットのアプリは以下のホームページからダウンロードできます。↓

https://urbantrust-corp.jp/myhers/

モーガン
モーガン
年会費などはかからないので、チェックしてみてくださいね。

フロアタイルを買うときの注意点と搬入方法について

フロアタイルを購入するときに一つ注意があります。それはフロアタイルはとても重たいということです。1ケース(3.34㎡分)で15-20kgくらいあります。男性でも一度に1-2ケース運ぶのがやっとです。

6畳でも3ケース必要ですし、複数の部屋分を購入すると、100kg以上に及びます。これが自宅に届いてしまうと、物件まで運ぶのにとても大変な思いをします。

モーガン
モーガン
DIYする前にヘトヘトになってしまうので、物件に搬入しておいてくれるショップから買うことをオススメします。

マイハーズ・マーケットならこの重たいフロアタイルを、物件の中まで搬入しておいてくれます。空室にキーボックスなどで鍵が設置されていれば、その鍵を使って玄関の中に入れておいてくれます。

リフォームする空室の中に置き配を希望する場合は、アプリの備考欄に玄関ドアの解錠方法を記述してください。

こうすれば、せっかく買ったフロアタイルが雨に濡れる心配もありませんし、何よりも快適にDIYがスタートできますよ。是非トライしてみてくださいね。

Twitterでは不動産投資や建築を学んでいる様子も日々発信してますので、良かったらフォローしてくださいね↓

ABOUT ME
モーガン
IT企業に務める傍、地方の築古アパート、マンションで不動産投資をはじめました。不動産会社の役員に転身後、2018年に会社員生活を卒業し、不動産投資専業で生活しています。