1. 購入編

日本で進めるハワイコンドのオファーの流れとその注意点とは?

ハワイのコンドミニアムにオファーを出す方法

欲しい物件を見つけたらオファーを出す。

条件が合うハワイのコンドミニアムが見つかったら、すぐにオファーを出しましょう。担当の営業の方にその意思を伝えると、オファー書類の作成に入ってもらえますよ。

オファーはハワイ州公認不動産取引士と相談しながら進める

このオファー書類とは「Purchase Contract」と書かれていて事実上の契約書です。

この書類作成から決済引き渡しを受ける流れは、不動産会社のハワイ州公認不動産取引士の方の相談しながら進めることになります。

日本の法的に契約成立しない買付証明書を出すこととは違います。ので担当の有資格者の方に不明点は聞きながら、慎重に進めることが大事ですね。

ハワイ州公認の不動産取引士と相談しながら進めよう!ハワイ州公認の不動産取引士と相談しながら進めよう!

私の取引を担当してくださった方は、何度も取引を経験されていたので、初めての私を先手先手で導いてくださいました。

安心できる方に巡り会えると心強いですね。

日本とはここが違う!契約決済の流れ。

私は一般の購入者で不動産業者でも、有資格者でもないため、オファー以降、決済までの正確な流れについては、各不動産業者さんのホームページをご確認ください。

(わかりやすいなと思った2社のホームページのリンクをこの記事の下に書いておきますね。)

その代わり、購入者目線で、私が驚いた点、注意点を書きたいと思います。

ハワイのコンドミニアム購入は、日本で不動産(投資用・収益用)を購入する事とはいくつかの点で違うんですね。

日本に居ながら(普通に働きながら)契約決済ができる

まず最初に驚いたのは取引の流れがカチッと決まっているところです。

さすが、アメリカ契約社会、契約先進国です。流れがカチッと決まっているだけに、売主、買主、双方に公平にかつ、迅速に物事が進んで行きます。

(無論、裏では双方の不動産会社さんが各種調整を一生懸命してくださっているからというのもあるのですが)

まず、私が驚いたのは、電子契約で決済までできる事です。つまり、売主、買主ともにハワイに居ないまま全て完了してしまいまいました。

大手電子契約プロバイダーのシステムを介してメールが届くので、お互いそこに電子署名をして行きます。

私は行き返りの通勤の間にスマホでポチポチ電子署名してました。

仕事の合間に電子署名で契約・決済!仕事の合間に電子署名で契約・決済!

日本では融資を受ける銀行支店で、売主、買主、双方の不動産仲介業者、全員が一堂に介してやるのが一般的で、その日程調整だけでもかなり苦労しますよね。

契約に1ヶ月、決済に1ヶ月なんてザラです。

私のハワイコンドミニアムのケースではカウンターオファー(売主側の承諾)をもらってから、2週間で契約、決済、登記まで完了してしまいました!はやっ!

売買決済完了?はやっ!売買決済完了?はやっ!

エスクローで高額な手付金、売買代金の送金取引も安心!

エスクローの存在も大きかったです。

エスクローとは購入にあたっての手付金や売買代金を取引が成立するまで預かってくれる第三者金融機関です。

このおかげでその代金が支払われなかったり、持ち逃げされたりというリスクが日本のやり方と比べてほとんどないです。

エスクローを名乗って、フィッシング詐欺をするという話があるようなので、それは注意してくださいね)。

アメリカの手続きを体験してしまうと、日本のアナログで手間暇を要する手続きが馬鹿らしくも感じます。

日本の銀行から手付金、売買代金をドル送金するときは注意が必要!

日本に居ながら、スムーズに取引がいかなった箇所があります。それは日本の銀行からエスクローに手付金、売買代金を送金する場面です。

手付金、売買代金の送金それぞれのタイミングで、

二回銀行窓口で手続きをしたのですが、奥の会議室に通されてそれぞれ4時間、監禁状態です。

なぜ、銀行に4時間も拘束されるの。。。なぜ、銀行に4時間も拘束されるの。。。

何に時間がかかっていたかというと、

  • 銀行員の方が高額の円をドルに換金する手続きが初めてで、本店と確認しながらになった
  • 国外へ高額資金の送金は、脱税やマネーロンダリングの監視の観点から、書類の記入、確認が大変

に時間を要していました。おかげで、この日だけは会社を半休することになったのです。ここだけは要注意ですね。

ただ、裏を返すとここ以外は本当にびっくりするくらい簡単な手続きです。

無論、「ハワイのコンドミニアムを買うには不動産業者さんとの信頼関係が大事」で書かせていただいた通り、営業の方と信頼関係があってこその話ですが。

ハワイのコンドミニアムの契約決済は簡単!

日本に居ながらにして、ハワイのコンドミニアムを購入手続きすることは、そんなに難しいことではありません。早朝(ハワイは日中なので動いています)お昼休憩や通勤中でも進められてしまいます。

是非、良い不動産業者さんを見つけて、オファーを出してくださいね!夢のハワイのコンドミニアムが購入できることを陰ながら応援しております!

ハワイのコンドミニアムが購入できることを応援してます!ハワイのコンドミニアムが購入できることを応援してます!

【参考①】根本クリスのハワイの厳選物件情報 ハワイ不動産.net :ハワイの不動産購入の流れ

とても詳細、丁寧に書かれていて、わかりやすいです。

 

【参考②】ハワイファミリーリアルティ:ご購入・ご売却の流れ

まずはざっくり流れだけ把握したいという方はこちらの方が良いかもしれません。

 

目次:

ステップ0 初めての方必見!ハワイコンドミニアム購入のための7つのステップ

ステップ1 時間がない方に最適!効率的に学べるハワイコンドミニアムセミナー

ステップ2 基礎を抑えずに買うのは危険!?オススメのハワイコンドミニアム本3冊!

ステップ3 良い物件を見過したくない?抑えるハワイコンドミニアム検索サイト2選!

ステップ4 悩んでいる時間はもったいない!個別相談に申し込もう!

ステップ5 ただ見るだけではダメ?抑えたいハワイコンドミニアムの内見目的とは?

ステップ6 ハワイコンドミニアム購入希望者全員がするMLS新着メール設定とは?

ステップ7 日本で進めるハワイコンドミニアムのオファーの流れとその注意点とは?(本投稿)

ABOUT ME
モーガン
モーガン
大学卒業後、20年IT企業に務める傍、趣味の投資活動でハワイに別荘を持つまでになりました。不動産会社の役員に転身後、2018年に会社員生活を卒業し、不動産投資専業で生活しています。