1. 購入編

悩んでいる時間はもったいない!個別相談に申し込もう!

個別相談に申し込もう!

個別相談に申し込もう!

ここまでにセミナーや本を通じて情報を得た方は、欲しい物件がおぼろげに見えてきましたよね。

ただ、セミナーや本では、一般論にしか得られず、ご自身の置かれた状況や利用目的に沿った情報が得られるとは限りませんね。

皆さん固有の状況に応じて相談にのってもらいたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

それに応えてもらうには、不動産会社各社さんに個別相談を申し込むのが一番いいと思います。

自分の利用目的、予算にあった物件を一緒に探してもらおう!

利用目的と予算を相談しよう!利用目的と予算を相談しよう!

そこでハワイのコンドミニアムの利用目的、予算、希望の間取りなどを伝えると、一緒にそれにあった物件を探してくれます。

また、投資が目的の一つになっている場合は、想定される賃料収入や費用、そして税金がどうなるかなどシミュレーションを作ってもらいましょう。

それらを踏まえて2−3物件に絞り込んだら、いよいよ、念願のハワイで内見する流れになっていきます!

個別相談に申し込むのは1社でいい!?

個別相談は不動産会社各社さんのホームページから申し込みができるようになっています。ちなみに、これまでこのブログでご紹介してきた各社さんもホームページや連絡先に申し込むことができますよ。

ご自身に合いそうな会社さん1社でまずはいいと思いますので、個別相談を申し込んで見てください。

3社も4社も一度に申し込まないようにしましょう。自分が混乱するだけだと思います。

基本的にハワイの不動産はどの物件であれ、免許を有している不動産会社であれば、売買仲介をすることができます。

なので、日本の不動産のように何社にも合いに行ってそれぞれが持っている不動産情報を聞き出したり、相談したりする必要性は薄いです。

粘り強く自分にあった不動産会社さんを探しましょう。

自分にあった不動産会社を粘り強く探そう!自分にあった不動産会社を粘り強く探そう!

ただ、結果として複数の会社に個別相談を申し込んでいたというケースはありえます。

まさに私がそうだったのですが、最初の年に申し込んだ会社さんの営業の方とフィーリングが合わなかったのです。内見までご案内いただいたのですが、翌年、違う会社さんに再度個別相談を申し込みました。

その後、その会社の管理体制に不安を覚えて、翌々年、最終的に購入した会社さんに個別相談を三たび申し込んだのです。

個別相談先として良い不動産会社さんのチェックポイントは?

では、どんな不動産会社さんに個別相談を申し込んだらいいでしょうか。正直会って見ないとわからない部分が多いです。

ただ、強いて言えば以下、3点を有していそうな不動産会社さんがいいと思って私は個別相談先を選びました。

不動産会社の確認ポイントは?不動産会社の確認ポイントは?
  1. ハワイで不動産を取り扱う免許を持っている
  2. ホームページで積極的に情報提供をしている
  3. ハワイに十分な管理体制を持っている

免許は持っていないというのは論外として、ホームページに納得のいく情報量があるのは安心材料になるでしょう。

ただ、以外に見落としがちだったのは、ハワイに十分な管理体制があるかどうかです。

保有している時に家具の購入の支援や漏水などの事故対応をお願いすることになります。

その時に現地に素早く対応できる人材とネットワークを持っているかはとても重要になります。

夢に向かって具体的なアクションを取りましょう!

ぜひ、ご自身なりの確認ポイントをもうけ、個別相談を申し込んで見てください。

個別相談に行けば、グッとハワイでコンドミニアムを所有する夢に近づくと思います。応援しています!

目次:

ステップ0 初めての方必見!ハワイコンドミニアム購入のための7つのステップ

ステップ1 時間がない方に最適!効率的に学べるハワイコンドミニアムセミナー

ステップ2 基礎を抑えずに買うのは危険!?オススメのハワイコンドミニアム本3冊!

ステップ3 良い物件を見過したくない?抑えるハワイコンドミニアム検索サイト2選!

ステップ4 悩んでいる時間はもったいない!個別相談に申し込もう!(本投稿)

ステップ5 ただ見るだけではダメ?抑えたいハワイコンドミニアムの内見目的とは?

ステップ6 ハワイコンドミニアム購入希望者全員がするMLS新着メール設定とは?

ステップ7 日本で進めるハワイコンドミニアムのオファーの流れとその注意点とは?

ABOUT ME
モーガン
モーガン
大学卒業後、20年IT企業に務める傍、趣味の投資活動でハワイに別荘を持つまでになりました。不動産会社の役員に転身後、2018年に会社員生活を卒業し、不動産投資専業で生活しています。