2. 購入後の利用編

ハワイ州からオレンジのハガキが届いた。何これ?

な、、なんスカ?

何だ?ハワイからオレンジのハガキが来たぞ?!

ある日、ハワイから物々しいともいえるオレンジのハガキが自宅に届きました。

(後日談ですが、これはハワイ州曰くYellow Postcard、つまり黄色だという。私にはオレンジにしか見えないですけど。。。)

Business Annual Filing notice…    FILE ONLINE TODAY…

これ何だ?

ということで不動産会社さんに問い合わせると、ハワイ州の法人登録情報の更新を促すハガキだということです。(いつも丁寧に教えてくださって感謝感謝です。)

今回初めての実施になるので、注意点をまとめてみました!

(ハワイのコンドミニアムを個人で取得される方は全く関係なので、この投稿を読む必要はないです。)

「ハワイ州への法人登録情報の年次更新」ってなんだ?

ハワイのコンドミニアムを法人で所有した場合で、ハワイ州に法人登録をすると

「毎年更新を促す黄色いハガキが届きますよ」

た、、確かに不動産会社さんがそう言っていた気がする。

1年も前のことなのですっかり忘れていました。

なんか物々しい雰囲気を感じるので無視しちゃいけないのかなと思ったのですが、家族がなんかのDMと勘違いして、そのままゴミ箱に入れないとも限らない小さくてペラペラなハガキです。

更新の目的は何?

これは、ハワイのコンドミニアムを法人で取得するために、決済時に登録した法人情報をハワイ州に更新するという目的のものです。

ここでいう法人情報とは、連絡先、住所、役員情報、主たるビジネスの内容のことで、それに変更があろうとなかろうと更新処理を毎年行うというものです。

これは結構重要なもので、法律で義務付けられており、締め切りを過ぎると遅延料金が発生してしまうとても重要なものでした!

あ、あぶねー。あ、あぶねー。

不動産会社さんに問い合わせて良かった!

必ずやらないといけないの?

はい、必ずやらないといけません。

やらないと、、、

  • 法律で義務付けられているので違反になります
  • その会社が「健全」というステータスではなくなってしまいます
  • ハワイ州の契約業務において「適格」ではないとみなされてしまいます

ということです。必ず実施しましょう。

いつまでにやらないといけないの?締め切りは?

締め切りは、法人登録した日が属する四半期末の日付です。

私は昨年の6月に会社情報を登録したので、第二四半期の最終日、つまり6月末が締め切りになります。

ここでいう第一から第四四半期はハワイ州の決算期なので、第一四半期は1月から3月、第二四半期は4月から6月、第三四半期は7月から9月、そして第四四半期は10月から12月になります。

自分の会社の四半期とは関係がないので注意してくださいね。

さらに最も注意なのは、締め切り日までに、更新登録のみならず、ハワイ州の承認を受けなければなりません。

ハガキにあるアドレスからオンラインで更新するのは10分作業なのですが、それを受けてハワイ州が承認をするのはハワイ州次第です。

その承認が締め切り日を過ぎてしまうと遅延料金10ドルが徴収されます。。

オンラインで処理していると承認が終わるのは通常6−8週間を想定していると書いてあります。ほとんど更新情報なんてないのに。。。遅っ。。。

そんなことあり得ます?っていう感じですが、私の手元にハワイから届いたのが5月1週目なので、既に締め切り日までに8週間は切っています。

しかし、そこはアメリカ!

通常費用の15ドルに加えてさらに25ドルを払えば、1−3営業日で承認処理するよってあります。。。

さすが、商売上手。。。って、んなことあるかい!!

マジですか?マジですか?

フィッシング詐欺じゃあるまいし。。。

まぁ、さすがに数日で終わるでしょうと思って、私は追加料金は払わず、通常処理をしました。

これで遅延料金払えってきたらさすがに横暴すぎるでしょう。。。

結果はいかに。

誰がやらないといけないの?

途中、署名を求められるのですが、その署名の要件としては以下と書かれています。

  • その会社の役員
  • 代理人
  • 管財人、被信託人

ただ、この署名は普通にキーボードで打つだけのものなので、誰でもできてしまいます。

まぁ、自分でやりましょうね。

料金支払い方法は?

クレジットカードのオンライン決済の場合、13.5ドルです。

15ドル(更新料) +  1ドル(書類保管料) –  2.5ドル(オンライン値引き)

郵送による小切手もできますが、オンライン値引きが適用されません。

オンライン更新のやり方

以下のリンクをクリックして更新処理をスタートしましょう!

①ハガキの表面にあるFile No.を入れて自分の法人を検索しましょう。

File Noで検索して自社名をクリック!File Noで検索して自社名をクリック!

②締め切りを確認してクリック

法人を特定してクリック!法人を特定してクリック!

③住所、役員情報の変更がないか確認。

登録情報を必要に応じて変更する。登録情報を必要に応じて変更する。

ここで私は必須項目のNature of activities in Hawaii(ハワイでの業務内容)が空欄でした。

私の法人のハワイでの業務内容は不動産購入であるため、不動産会社さんと相談し、以下を入れました。

REAL ESTATE INVESTMENT AND PURCHASE

こちらについては個別に違うと思いますので、ご不安な場合は、不動産会社さんなどに相談してみてはいかがでしょうか。

④ 署名して次へ

署名は誰でもできちゃいますね。署名はタイプするだけなので、誰でもできちゃいますね。

⑤ 通常承認か、スピード承認(有料)か選ぶ

お金で時間を買える。アメリカっぽいですね。お金で時間を買える。アメリカっぽいですね。

⑥クレジットカード決済か郵送小切手支払いか

オンラインクレジットカード決済だと2.5ドル値引きされます。オンラインクレジットカード決済だと2.5ドル値引きされます。

⑦ Guestで支払います。

メンバーになる必要性を感じなかったので、Guestで支払います。私はメンバーになる必要性を感じなかったので、Guestで支払います。

前の画面でメンバーになるか、Guestで支払うかという選択肢があります。

メンバーになるとハワイ州のその他サービスを使うときに便利になるのですが、私はその必要性が薄いのと、登録してみたのですが、うまく前に進めなくなったので、Guestに切り替えてやり直しました。

⑧ Guestとして担当者情報を入力する

Guestとして担当者情報などを入れる。Guestとして担当者情報などを入れる。一部うまく入らない。。。

担当者情報などを入れます。

ただ、電話番号がアメリカの桁数で、国番号を含めた日本の番号などは入力ができませんでした。止むを得ず、国番号など入れず、固定電話の番号を入れました。

たまたま桁数があったので。。。

また、今後の処理進捗のお知らせと来年の更新のお知らせをメールで受け取るかというフラグがあります。

ハガキの方がわかりやすくていいなと思ったのですが、家族がハガキを誤って捨ててしまうことも想定できたので、メールアドレスにしました。

こうすると来年のオレンジ(黄色か)ハガキは来なくなるそうです。両方欲しいですが。。。

⑨完了!

完了です!お疲れ様でした。完了です!お疲れ様でした。

完了するとメールアドレスにも完了メールがきていると思いますので、確認してみてください。

期日までに承認されることを祈ります。

私のものがうまく処理されたら、この投稿をアップデートしようと思います。。。

お疲れ様でした!

ABOUT ME
モーガン
モーガン
大学卒業後、20年IT企業に務める傍、趣味の投資活動でハワイに別荘を持つまでになりました。不動産会社の役員に転身後、2018年に会社員生活を卒業し、不動産投資専業で生活しています。