1. 購入編

【ハワイ別荘購入記】タイムシェアと迷ってコンドミニアムにした理由

ヒルトンハワイアンビレッジのタイムシェア型コンドミニアムとホテルはどっちが良い?

ハワイの中毒者(リピータ)なら、一度は

「ハワイに別荘が欲しい。ホテル暮らしもいいだけど、暮らすように滞在したい!」って

思ったことありますよね?

私たち夫婦も家族4人で毎年訪れるハワイに別荘が持てたら最高だねーといつも話していました。

毎年来るわけだし、そのほうがワイキキのホテルより安いんじゃね?みたいな感じで。

ハワイ中毒者ならリピートして4−5回目くらいからどこか頭の中にありませんか?

いつかハワイに別荘を持ちたい、もっと言うと住みたい!と。

私もその中の一人です。

私は幸せなことにお金には少し余裕がありました。夫婦二人でフルタイム共働きだったので、仕事と子供教育の両立させるのに必死ではありましたが、金銭的には恵まれていました。

そして数ヶ月前に遂に検討を始めてから13、4年の歳月を要しましたが、念願のコンドミニアムを購入することができました。

家族4人のハワイ旅行宿泊先として自分で所有する物件に暮らすように滞在するを実現できたのです。

夢実現ですっ!執念ですっ!最高ですっ!

購入したコンドミニアムでまったりする妻購入したコンドミニアムでまったりする妻

ただ、この期間どんな物件をどこに買うべきか、考えは二転三転、四転五転、六、、、そんなに迷わなければ、もっと早くハワイに別荘を実現できたよ、、、。

ということがたくさんありました。

  • ハワイ中毒でこの先毎年ハワイに行く!
  • 共働きで金銭的には少し余裕がある!
  • いつかハワイに別荘を持ちたい!

完全に余計なお世話んですが、、、

そんな人に偉い時間をかけてしまった私のようにならないために、

タイムシェア、コンドミニアム、戸建の検討経緯と比較情報をお届けしますっ!

別荘を持ちたいと思ったきっかけはタイムシェア型のコンドミニアムでした。

私がハワイにコンドミニアムを買おうと思ったのは、12、3年ほど前に友人が宿泊するヒルトンハワイアンビレッジ内にあるラグーンタワーのコンドミニアムタイプの部屋に遊びに行った時です。

偶然、私も同じ時期にヒルトンハワイアンビレッジ敷地内にあるタパタワーのホテルタイプに泊まっていました。

そしてその友人は、ヒルトングランドバケーションズのタイムシェアプログラムの権利を当時300-400万円ほどで購入し、ラグーンタワーのコンドミニアムに滞在していたのです。

ハワイに暮らすように滞在する贅沢さを味わいたい!

ビールを片手にヒルトンのラグーンから打ち上げられる有名な花火を見ながら、奥様が部屋のキッチンで作ってくれた料理を食べているときに、

「コンドミニアムで暮らすように滞在するハワイもいいな」

と思ったのです。

私が滞在するタパタワーはホテルですのでキッチンがなく、地元の果物や食材を調理することはできません。

どうしても食事の時間になると重い腰を上げ、レストランまで外食しに行くことになります。

ヒルトンハワイアンビレッジの花火ヒルトンハワイアンビレッジの花火

ホテルとコンドミニアムは違う!

ハワイには毎年来るようになって5年以上が経過し、リピーターとなっていた私はローカルのスーパーやデリで惣菜を買い、ホテルの部屋に持ち帰って食事をするようになっていました。

ホテルの敷地内やワイキキ周辺のレストランでは観光客っぽ過ぎて(どこまで行っても観光客なんですけどね、笑)満足できなくなっていたのと、朝、昼、晩外食になると胃が疲れてしまうからです。

ただ、本当にしたかったのは惣菜を買うのではなく、スーパーで買いだめしておいたお酒と地元の食材をチャチャっと調理して必要な量だけ食べるということ。

そんなことから、ホテルではなく、コンドミニアムで暮らすように滞在したいという想いが芽生えました。

運命か?タイムシェアの説明会が近所のイベント会場で臨時開催!

帰国してからしばらく経って、近所にあるイベント会場でヒルトングランドバケーションズのタイムシェアプログラムの説明会が行われるというチラシを見て、妻と幼い娘を連れて行きました。

300万円くらいなら当時でも何とか購入できましたし、向こう7−8年ヒルトンハワイアンビレッジクラスのホテルに泊まるので元を取れると考えたのです。

タイムシェアを所有することにワクワク感を感じなかった。

ヒルトンハワイアンビレッジの夕日ヒルトンハワイアンビレッジの夕日

しかし、説明を受け始めてから、段々と興味を失ってしまいました。

それもそのはず、会場は販売員の方が頑張って飾り付けなどはしていたものの、ハワイ感よりも地元の現実感しか感じず、ハワイで感じたワクワク感は皆無だったのです。

また、仕組み自体も年に決まった週に1週間だけ借りられる権利ということで、窮屈感を感じます。

なにせ、毎年同じ時期に休みを取るのも難しいですし、1週間以上、休めるときも延泊する手配が色々面倒に感じたのです。

妻も働いていたので、お互い仕事の忙しくない時期を見計らってハワイに行っていたため、その時期や期間もあらかじめ固定はできません。

我々夫婦には「合う仕組みではないね」と見送りました。

コンドミニアムが最適?に続きます。

目次:ハワイ中毒の共働き夫婦必見!ハワイに別荘は持てる!

① ハワイのタイムシェアは良いの?(本投稿)

ハワイはコンドミニアムが最適?

ハワイの戸建ってどうよ?

ハワイ別荘比較表:タイムシェア、コンドミニアム、戸建

ABOUT ME
モーガン
モーガン
大学卒業後、20年IT企業に務める傍、趣味の投資活動でハワイに別荘を持つまでになりました。不動産会社の役員に転身後、2018年に会社員生活を卒業し、不動産投資専業で生活しています。