1. 購入編

20代サラリーマン必見!10年実践して思うオススメの副業とは

サラリーマンのオススメ副業

平成30年は副業元年というそうです。政府が副業を推奨する方針を明らかにしたり、ソフトバンクやロート製薬などの有名な企業も続々と副業をOKにしていますね。

経験豊かな人材が育つからということが解禁理由だそうですが、会社に勤めているサラリーマンからすると将来のために副業してお給料とは違う収入を得たいと思うのは自然の流れかと思います。

20代の方は社会勉強にもなるし、副業に積極的に取り組みたい!という前向きな方も多いのではないでしょうか。

かくいう私もサラリーマンとして会社勤めしていた10年前から、賃貸アパート経営の会社を起こし、副業してきました。

いざ、副業するぞと考えた時に、何がいいのでしょうか。もちろん、その人の人生の目標などにも大きく関係はすると思いますが、不動産投資が会社員の副業に相性が良さすぎて、不動産投資一択!と叫びたいと思います。

その理由を10年間の経験を通して次からご説明したいと思います。

副業を選ぶ時の条件は3つ

副業するぞ!と考えた時になんでもいいから始めるぞとはなりませんよね。始めるにあたっての条件で体表的なものは次の3つではないでしょうか。

  • 毎月労力に見合う収入が得られること
  • 本業に差し支えない範囲で出来る。(休日や平日の夜の数時間でできること)
  • やる意義や成長を感じられること(単純作業だけではモチベーションが。。)

私はこの三つの条件のうち、どれが欠けても続かないのではないかと個人的な経験から思います。

例えば、エラく手間暇がかかるのに時給100円!みたいなものは面倒なだけですよね。また、緊急対応が多かったり、四六時中見守らないといけないものは本業に支障をきたすでしょう。それで出世が絶たれたり、減給や降格になってしまっては本末転倒ですね。

ひたすら単純作業するものも「私はなんのために生まれてきたんだ?」と人生を振り返りたくなってしまい続きません。

その観点から何が副業としていいのかを次にご紹介しますね。

サラリーマンと相性がいい副業はどれか?

その観点からもっとも効率が良く、サラリーマンと相性がいい副業は何かを考えたいと思います。そもそも副業ってどんなものがあるのでしょうか。副業の選択肢をネットで叩くと、たくさんの選択肢があることに気がつきます。

それらを5つに分類して、私の経験を元にサラリーマンと相性が良く、かつ成果が高い順に並べてみました。

  1. 賃貸アパート経営(不動産投資)
  2. ブログ・アフィリエイトで広告収入を得る
  3. ネットで物を販売する(ヤフオク、メルカリなど含む)
  4. 得意な作業・サービスを請け負う(クラウドなどを通した翻訳、ライターをするなど)
  5. 株やFXで勝つ(副業と呼べない気がするが、、、)

この順番の②ブログ・アフィリエイトの広告収入と③ネットショップで物を販売するの間には大きな壁がそびえ立っています。

①賃貸アパート経営と②ブログ・アフィリエイトの広告収入は資産性が高い仕事で、③ネットで物を販売する、④作業・サービスを請け負う、⑤株やFXは資産性が低いという違いがあります。

資産性が高い?低い?って感じですよね。

資産性が高い仕事とは

①賃貸アパートと②ブログ・アフィリエイトの広告収入は、一度仕組みを構築してしまうと収入が自動的に入ってきます。

アパート経営であれば購入する時と空室を埋める時に労力がかかりますが、その後は大した手間もかからず、賃料収入が毎月継続的に入ってきます。

ブログやアフィリエイトも良質な記事を一定数書いてしまえば、毎月の閲覧数が安定し、広告収入が自動的に入ってきます。

つまり、アパートやブログ記事が「資産」となり、その後継続的に収入をもたらしてくれるため、徐々に時間に余裕が生まれますし、経済的にも安定します。

資産性が低い仕事とは

一方で③ネットで物を販売する、④作業・サービスを請け負う、⑤株やFXは、一つ一つの取引を確実に積み上げなければなりません。

ネットショップでの商品の売買でも、クラウドを利用した作業請負であっても注文を受けたら、出荷作業やサービス提供に時間を消費する必要があります。そして、運よく大きな注文を受注できても、注文の大きさに比例して消費する時間を増やさなければなりませんよね。

こういった取引は資産として積み上がっていかないんですね。

不動産やブログからすると資産性が低いと思います。

月々数万の収益であれば、ギリギリやれるのかもしれませんが、それ以上を狙うと時間的な制約から本業に支障をきたしそうです。

数ヶ月、数年とやればその作業に慣れてきますし、会計処理などルーチン的な作業を一部外注化するなどして、効率化できることもあるでしょう。しかし、それでも割く労力は継続的に発生してしまう可能性が高いです。

疲弊してしまい、本業のスキルアップがおろそかになってしまうこともあるでしょう。

副業を選ぶ際には資産性が高いものかどうかを見極めることがずっと続けていく上でのコツです。

いよいよ本題です。

賃貸アパート経営とブログ・アフィリエイトのどちらが良い?

では、資産性のある①賃貸アパート経営と②ブログ・アフィリエイトの広告収入のどちらがいいでしょうか。

やってみて思うのは、ブログは資産化するまでかなり時間を要するので、時間対効果でいうと賃貸アパート経営の方が良いです。

ブログは最低でも100記事、3ヶ月ほどやって初めて5万円程度の収入になりますが、資産となりうる良記事を一本書くのに4時間くらいは費やします。そうすると400時間かかる計算になります。

賃貸アパート経営は、古くからある業界だけに分業化が進んでおり、外注がネット広告業界よりも容易です。

一番労力がかかる物件の購入や空室を埋める作業も不動産売買業者さんや管理会社さんに外注できるので、ブログよりも手間暇がかかりません。

資産化するまでせいぜい50時間程度ではないでしょうか。

慣れてくると20時間くらいしか必要ないと思います。

副業の賃貸アパート経営で本業のスキルアップが出来る

もう一つ賃貸アパート経営のメリットとしてあげられるのは、本業のスキルアップに繋がるということです

賃貸アパート経営はその名の通り、小さい会社を経営しているのと同じです。あなたが社長になり、入居者というお客様を満足させるために、不動産会社さんや工事業者さんと信頼関係を構築して、利益をあげていくことになります。

それを日々繰り返していると、会社員としても必要な会計・経理の知識やパートナマネージメント、リーダーシップ、コミュニケーション能力など数々のスキルが備わっていきます。

3年、5年と続けていってこれらのスキルが全て備わった時は、独立して本業になってしまいそうですね。笑。

政府や大企業が副業を解禁した理由として、その社員のスキルアップをあげています。私は副業を解禁してスキルアップしていくと、大企業から優秀な人が順番に独立していくので、政府や副業を解禁した大企業の思惑通りにはいかない気がしてならなです。

私も結果的にその流れになりましたし(優秀だったかどうかはさておいて)。

副業を選ぶ際には資産性が高い物を選びましょう。賃貸アパート経営を通して資産を積み上げることができるし、スキルアップもできるという意味では、副業は賃貸アパート経営の一択!です。

20代はもちろん、なるべく若い時から実施するべきですね。

ABOUT ME
モーガン
モーガン
大学卒業後、20年IT企業に務める傍、趣味の投資活動でハワイに別荘を持つまでになりました。不動産会社の役員に転身後、2018年に会社員生活を卒業し、不動産投資専業で生活しています。