1. 購入編

購入に失敗した?マルコポーロ火災で気づいた落とし穴とその対策

マルコポーロ火災とスプリンクラー

愛妻家のみなさん、こんにちは。

40歳過ぎても、ちょっと高い服は妻の意見を聞かないと買えないモーガンです。

夜ごはん何食べたい?今週末何したい?

全て妻の意見を聞きながら意思決定する日々です。

ナヨナヨしてる?

いいんですよ。

だって、人生すでに後半戦。

「あなたと結婚したからやりたいことができなかった、、、」なんて言われたら、こっちも穏やかに棺桶に入れないでしょう?

妻には「全部やりたいことがやれました」と言わせてやる!と闘志を燃やし続けている愛妻家!?のモーガンです。

ちょっと違いますかね。あは。

今回はそんな私が妻に「マルコポーロ火災のニュース見た?スプリンクラー無しのコンドミニアムを購入して大丈夫なの?」と聞かれ、「モーマンタイ(無問題)」と答えた話です。

夢の楽園ハワイでも火災は起きるんだ?!

マルコポーロ火災って聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

マルコポーロの高層階で出荷。スプリンクラーがあればここまで燃え広がらなかったかもしれない。マルコポーロの高層階で出火。スプリンクラーがあればここまで燃え広がらなかったとも。  引用元:http://www.khon2.com

http://www.khon2.com/news/local-news/firefighters-respond-to-3-alarm-fire-in-marco-polo-building/901565288

ホノルル空港からレンタカーでワイキキに向かう途中に高層階で一部黒コゲになっているコンドミニアムを見かけます。

アラモアナブルバードを通るルートで、アラモアナショッピングセンターの前を通り過ぎ、右手にイリカイホテルやヒルトンハワイアンビレッジ が見えた時に、ちょうど正面のフロントガラス越しに見える巨大な36階建てのコンドミニアムがマルコポーロです。

私は先週ワイキキに行ったばかりなのですが、1年弱経った今でも、火災があった26、27階の部屋は復旧されずに、焼け落ちた窓をベニア板で仮止めしている状態です。

この火災では、12戸のユニットが深刻なダメージを負い、3名の方がお亡くなりになりました。

火災が起きた当時は、インターネットニュースなどを通して、燃え盛る炎の様子がライブ配信されており、私も妻も通勤電車の中で衝撃を受けたのを覚えています。

どことなく夢の楽園ハワイでは、火災なんて悲惨なことは起きないと思っていたんですが、現実、そんなことはなく、フツーに起きるんですね。

スプリンクラー未設置のコンドミニアムを買って大丈夫?

この火災はハワイにコンドミニアムの購入を検討している人に重要な気づきを与えることになったんですよ。

それはハワイの高層階コンドミニアムを購入するなら、事前にスプリンクラーが設置されているかどうかを確認するべきということです。

ハワイの消防から声明としてでたのは、マルコポーロにもしスプリンクラーが付いていれば、一つのユニットが焦げるくらいで済んだはずだというんです。

ハワイの高層コンドミニアムにはスプリンクラーの設置義務があります。

1975年以降に建築された建物を対象に設置義務化されました。

つまり、一部の後付けした物件をのぞいて1975年以前に建設されたものの多くにスプリンクラーは設置されていないのです。

かくいう私が購入したワイキキのコンドミニアムもスプリンクラー設置義務化前の物件のため未設置でした。

この火災が起きたのは私が購入した数週間後のことです。。。

買ったばかりなのに、そんなことあるー?オーマイガー買ったばかりなのに、そんなことあるー? オーマイガー _| ̄|○

購入する時にスプリンクラーが設置されているかなんて確認していませんでしたし、そんなチェックポイントがあろうとは、、、。

購入してしまったので、もう後の祭りです。

しかーし、そこは男モーガン、長くは動揺しませんでした。

火災の発生確率は意外と低い?

というのも、不動産管理会社に勤めていたこともあり、火災の発生確率は1万世帯あたり年間1−2件程度しか発生しないということを肌感覚で知っていたためです。

  • 住宅火災:  1万1354件   (2017年1~12月、消防庁より)
  • 世帯数 : 5430万3千件 (2017年10月1日現在、総務省統計局より)
  • 発生確率:0.0002=0.02%

つまり、発生する確率は、年間0.02%、つまり1万世帯に対して年間2件程度と統計と私の不動産管理会社勤務時の肌感覚とマッチします。

ちなみに、自動車事故の発生確率は、グーグル先生曰く、0.8%みたいな数字がでてきます。

もしそうだとすると自動車事故は火災の40倍の確率で起きます。

よっぽど自動車事故の心配をした方がいいじゃないですか?!

「あまり発生しないものを心配しても意味ないじゃん。夢を実現させる方が大事じゃん」

なんて自分に言い聞かせているうちに、全く心配ではなくなってしまいました。単細胞ですかね。

私がむしろ心配したのは妻の方です。

妻は不動産業での経験はありませんし、子供のことを考えると「泊まりたくない」と言っても無理はないなと思ったのです。

もし妻がそういったならば、愛妻家の私としては無理強いはできないと考えていました。

妻に恐る恐る「火災の確率は低いこと」、起きたとしても「建物の両サイドに防火扉付きの非常階段が付いていて逃げれること」を説明したところ取り乱すことなく理解してくれました。

良かった。。。私は胸を撫で下ろす思いです。

妻も内心心配だったのではないかと思いますが、私がハワイにコンドミニアムを所有することが夢であることを理解してくれていたんだと思います。

旦那思いの妻を持って幸せです。

ホッとしましたホッとしました

万が一火災が起きてしまった時のために万全な対策を

そんな思いはしましたが、今では何の心配もせずに家族で宿泊しています。

1975年以前に建築された物件のリストを見てみると、憧れの立地条件のものや節税効果抜群のものなど多々ありますね。

せっかく買えるのに、それらを見て躊躇してしまう人も出てきてしまうのかもしれないとも思います。

もしそうだとしたら、とても残念なことです。

私が出した結論は、起きるリスクも低いし、夢を実現しようということでした。

気休めの領域かもしれませんが、万が一起きてしまった時のために、二つ対策をとりました。

  1. 火災報知器を余分に一つ(玄関)にもつけた。
  2. 非常階段から降りる時に煙から子供たちを守るために防災マスクを購入して、コンドミニアムに設置済み

このくらいの考慮をすれば、起きる確率が低いリスクを心配するよりも、楽しむことを考えた方が良くないですか?

夢を実現するのを応援したい私としてアドバイスをさせてもらいたいのは、マルコポーロ火災のことは「気にせずに買った方がいいのではないか」ということです。

  • 事故にあうかもしれないから車を買うのをやめますか?
  • 墜落するリスクがあるので飛行機に乗るのをやめますか?

起きるリスクが低いのにも関わらず、それを恐れて夢を諦める必要はないんじゃないかと思うんです。

夢に向けて進みましょう!オッケーです夢に向けて進みましょう。オッケーです!
ABOUT ME
モーガン
モーガン
大学卒業後、20年IT企業に務める傍、趣味の投資活動でハワイに別荘を持つまでになりました。不動産会社の役員に転身後、2018年に会社員生活を卒業し、不動産投資専業で生活しています。