2. 購入後の利用編

芸能人もやっている!自分好みの家具に囲まれたハワイライフ

家具を揃えて大人のステイ

家具を自分好みにコーディネートしたい!

ハワイのホテルももちろん素敵なのですが、ワイキキにコンドミニアムを購入したのであれば、自分好みの家具・内装にしたいところですよね。

家具や日用品を自分の趣向で揃えられれば、ワイキキの滞在も格別になります。

芸能人のハワイの別荘を紹介する番組でこだわりの家具を見せ付けられると「いいなぁ」と羨ましくなってしまいます。

アナザースカイのヒロミさん邸では、白基調の家具で統一された爽やかな内装でした。

私もせっかくワイキキにコンドミニアムを手に入れたので、部屋をオーシャンブルーのアクセントが入ったコーディネートをしたいと思っています。

前所有者の暖色系から清潔感がある白基調に変更

ヒロミさんみたいにハワイのコンドミニアムを装飾したい!」に書かせていただいた通り、リビング、ベッドルームに至っては、まだ暮らすために必要最低限のものを調達するに止まっています。

そん中でも管理会社さんと大工さんに多大なご協力をいただきながら、少しずつ手を入れたのがバスルームです。

購入当初バスルームは前所有者さんのテーストになっていましたし、使いにくい部分があったのです。

  • 壁がピンクがかった暖色系だった
  • シンクもそれに応じて茶色系マーブルトップ(天板の石の模様のこと)だった
  • シャワーカーテンが茶色系で暗かった
  • トイレと排水設備がハワイ特有の流れにくいものだったため、子供が使用時に紙を詰まらせて、トイレを水浸しにした
  • ウォッシュレットがでは無かった。
  • 洗濯機、乾燥機が古いもので、洗える衣類の容量も小さく、4人分は一度に洗えなかった

妻とも相談し、やはりバスルームは清潔感を出すためにも白系にしたほうがいいねという結論になって管理会社さん経由で大工さんにイメージチェンジをお願いしました。

  • 壁は白く塗り直し
  • シンクは白のマーブルトップのものに付け替え
  • シャワーカーテンはワイキキのメーシーズ(Macy’s)で明るいものを購入
  • トイレは流れのいいものに全面交換(水浸しは階下漏水させると大変なので)
  • TOTOのウォッシュレットを設置
  • 洗濯機、乾燥機は最新のBosch製に

これで費用としては合計約7千ドルほどかかりました。ちょっとハワイ価格であることは否めませんが、満足です!

今年の夏休みにはカカアコのアーティストの家具が並ぶFishcakeやホテルから下取りした家具をリメイクして販売しているRoss’ Hawaiiを見に行って、ブルー系のクッションや内装を調達してリビングとベッドルームを飾りたいと思います。

Fishcake リンク

Ross’ Hawaii リンク

ハワイでスーパーや雑貨屋さんを見て回ることはあっても、どうせ日本には持って帰れないということで、家具屋さんはあまり見てきませんでした。

ワイキキにコンドミニアムを購入して世界観が広がった感じがします。

ハワイにコンドミニアムを購入してホテルステイにはない魅力を体験したいですね!

そして、4に続きます。

目次:ワイキキにコンドミニアムを買って良かったと思う9つの瞬間

  1. 部屋で無理なく食事がとれる
  2. チェックイン、チェックアウトの時間に縛られない
  3. 部屋を自分の好きな様にコーディネートできる(本投稿)
  4. 絵画やサーフボードなど趣味の物を保管できる
  5. いつでもふらっとハワイに行ける
  6. 親や親戚に貸して孝行できる
  7. 海外分散投資になる
  8. 海外移住の拠点として使える
  9. 日本にいる時も心を満たしてくれる

 

ABOUT ME
モーガン
モーガン
大学卒業後、20年IT企業に務める傍、趣味の投資活動でハワイに別荘を持つまでになりました。不動産会社の役員に転身後、2018年に会社員生活を卒業し、不動産投資専業で生活しています。