働き方

会社役員を辞めて私がハワイ移住を目指す理由

私がハワイ移住を目指す理由

次なるチャレンジの場、それがハワイ!

皆さんは40代で会社員を辞めることについてどう思いますか?

40代は会社で一定の地位を得て、ある程度自由に仕事をさせてもらう脂がのった年齢ですね。

そして、奥さんや子供もいるでしょう。

親も高齢になり介護の問題なども少しずつ現実味を帯びてくるのが40代ではないでしょうか。

私はその40代で会社員を辞めて、独立起業する道を選びました

それもハワイ、海外にチャレンジしようと考えています。

(まだこれからのチャレンジなので、出来なかったら笑って忘れてください。)

ハワイ移住、やったるで!ハワイ移住、やったるで!

幸運に恵まれ、大きな組織を離れて働くことを決意!

私はこれまで安定した世界でも有数の大企業に17年勤め、ベンチャーに転職後は幸いにも、会社で役員と言うある意味先が約束されたポジションを務めさせていただける幸運に恵まれました。

しかし、新卒で社会に出てからちょうど20年たったこの2018年4月に会社員を卒業し、新たな夢に踏み出しました。

もちろん、妻と離婚もしていませんし(笑)、高校受験を控えた娘と小学校低学年の息子、そして両親も健在なので、家族を背負ったままです!

私のことを新卒時代から良く知る同期や十年以上の付き合いになる同僚は、私が「幸運な」「勇者」であると言うような主旨のことを言ってくれました。

勇者と言うのは大企業の安定した会社を辞めてベンチャーに行ったり、ベンチャーで昇格し役員になったのに、次は一人でやるんだと行動にうつすことを指しているようです。

その同僚も40代で背負っているものが大きいことからくる発言なのでしょう。

「幸運な」と言うのは、次へとチャレンジする資金と支援してくれる家族がいると言うことです。

私は新卒で社会に出てからすぐ株式投資をはじめ、30代からその資金で不動産投資を行ってきました。その間、ITバブルの崩壊やリーマンショックを経験しましたが、幸いにもお給料とは別の資金源が育っていました。

また妻は一つ下の後輩で未だにバリバリと営業の最前線でフルタイムで仕事していることもあり、いわゆる共働き、ダブルインカムです。

「奥さんの稼ぎがあるから、そんなに簡単に辞めれるんだよ」とも言われます。

まぁ、確かにその通りかもしれません。

「資産運用の結果で自分の資力だけでも辞められるんだよ!」とか、共働きは鬼のように時間がない中、「子育て、家事を分担するのでクソ大変なんだよ、やってみろよー。」と言いたいこともありました。

共働きもいろいろあんねん。共働きもいろいろあんねん。

が、口には出しませんでした。確かに恵まれた境遇だなと思います。

その妻はもちろん、親ともにとても良きサポーターで前向きに支援してくれます。私が大企業を辞めてベンチャーで一からやり直すと言ったときは流石に、心理的な抵抗はあったようですが、何も言わずに了承してくれました。そして、今回も妻、親ともに前向きに捉えてくれています。

ハワイを目指す理由

そんな私ですが、ハワイを目指す理由があります。それはもう一度、ゼロからチャレンジしたい、打ち込むものが欲しいと思ったからです。

会社組織の中で、何か業務を始める時、その結末が見えてしまうことってありませんか?

きっとこういうことをすれば、こういう結果が出るなと。。。

これって、こうなるよね。。。これって、こうなるよね。。。

20年の会社員生活で組織の中で色々な役割を経験しました。

技術職、事務職、営業職、企画職と様々な役割を会社の中で演じました。

また、担当、課長、部長、役員と様々な立場も経験させていただきました。

その中で組織で目標を掲げた時に、だいたいどんな結末になるのか見えるようになってしまったのです。

そういう感情をいただくようになってしばらくたった時のことです。

会社の中で、また新たなミッションを与えられた時に、いつも感じていた腹の底からグッと湧き上がるヤル気が出てこなくなったのです。

落胆した感じになりました。落胆した感じになりました。

そして、せっかく幸せな境遇にいるし、人生一度きりなのだから

「一度だけでもいいので組織に属さずに働いてみたい。」

「若い時に志した「海外」にチャレンジしたいと」

と思うようになったのです。

人生一度きりだから、イキイキと働きたい

私や会社を取り巻く色々な状況を鑑みて、私のわがままとはいえ、一番迷惑がかからないタイミングで退職をさせてもらいました。(とは言っても迷惑をかけてしまいましたが、、、)

会社の社長、役員そして信じてついてきてくれた部下には本当に申し訳ない思いを感じながら。

あと数年経つと子供が自立していく年齢です。

そうすると子育てする時間がなくなるので、20代の時のように、また自分の時間が増えることになります。

その時にイキイキと働いていることを目指して、この4月に新たなチャレンジ、夢に向けて第一歩を踏み出しました

夢に向けて歩き始めます夢に向けて歩き始めます

この先どうなるかわかりませんが、「40代の共働き家庭を応援する」意味と「自分の取り組みをアウトプットしたい」という欲を満たす為にも、ブログを更新していきたいと思います。

できる限り、赤裸々に。

モーガン
モーガン
この記事書いた当時、移住の夢もありましたが、現在では日本でやりたい事業に着手したので老後の楽しみにとっておくことにしました。
ABOUT ME
モーガン
モーガン
大学卒業後、20年IT企業に務める傍、趣味の投資活動でハワイに別荘を持つまでになりました。不動産会社の役員に転身後、2018年に会社員生活を卒業し、不動産投資専業で生活しています。