2. 購入後の利用編

ホテルの方が良かった?ハワイに別荘を購入して想定外だったこと

ハワイ別荘購入の想定外

ハワイが大好き過ぎて、翌年のハワイ旅行の飛行機チケットを予約解禁日の355日前から予約するモーガンです。

会社の同僚にその話をするとあっけにとられた顔をしますが、一向に構いません。ハワイは恋の対象、盲目なのです!

そんな私でも盲目的に別荘(ワイキキにあるコンドミニアムです)を買うわけには行きませんでした。

別荘は高額ですもんね。

持ち前の心配性気質も手伝って血眼になって調べてから買いましたよ。

それでも想定外のことって起こるんですよね。

想定外のこととして、これはホテルと比べてデメリット、、、とまでは言いませんが、不便かなぁと思うことを経験しましたよ。

逆にいうとこれを想定しておいてもらえれば、「やっぱり別荘買ってよかった!」となると思うので書いておきますね。

トイレ詰まりにより水浸しに!さあ、どうする?

家族で滞在中のことです。その時は突然きました。

息子から「お父さん、ごめーーん、やっちゃったー。」と私を呼ぶ声がしました。

何だろうと恐る恐る息子の声がするトレイに行ってみると、一面水浸しです。

幸い汚物的なものはなかったのですが、どうやらトイレットペーパーを詰まらせてしまったようです。

ま、まじかーま、まじかー

 

すぐに頭によぎるのは、下の階への漏水です。

保険に入っているとはいえ、下の階を水浸しにして、物を駄目にしたりしたら大変です。

どんな人が住んでいるか知りもしませんし(おそらくアメリカ人の方だと思いますが)、英語で謝りに行くという経験もしたことがないです。

幸い不動産管理会社さん(日本人)が携帯を教えてくれていたので、営業が終わっている時間であったにも関わらず(感謝感謝)、アメリカ人の管理人さんを呼んでくれました。

ことの重大さを理解した管理人さんはすぐに下の階の住人に漏れていないことを確認してくれ、ことなきを得ました。

トラブルが起こるまで意識していませんでしたが、この別荘は自分のものなので、自分でなんとかしなきゃいけないということです。

その後の清掃も自分でやらないといけませんし、ハワイのトイレは詰まりやすいと聞けば、帰国後、管理会社さんにトイレのドレインを日本製に1000ドルほどかけて交換してもらう対策を取るのも自分でやるんです。

こう書くと一見デメリットのようですが、ハワイに別荘を購入するのが嫌になるかもしれませんが、そういうことでもないんですよ。

それを次に書きますね。

トラブル解決は自分主体でしなければならない

次の滞在でもバスルームをインロックしてしまい、3時間ほど格闘しつつも、とうとう諦め管理人さんにドアノブを破壊してもらったりと大変でした。

トイレには受難の層があるのかもしれません。。。

もしこれがホテルで起こったことだったら、フロントに電話すれば、チップを多めに払う程度で全て対応してくれたでしょう。楽チンですよね。。

これは大きな違いです。

ホテルはホテルのものを借りているだけなので、それにトラブルがあればホテル側が解決してくれます。

しかし、別荘は管理会社さんが手伝ってくれるとは言え、自分の所有物なので自分が主体で動かないといけません。

とは言え、悪いことばかりでもないんですよ。

この二回のトラブルで交換した設備は当面壊れないでしょうし、管理人さんと一緒にトラブル解決するという経験が得られ、自分に自信がつきました。

幸い私の家族もこういったことも含めて楽しんでくれています。

何よりも他にたくさんいいことあります。

ワイキキにコンドミニアムを買って良かった!
ワイキキにコンドミニアムを買って良かったと思う9つの瞬間ホテルとコンドミニアム、どう違うの? ハワイにコンドミニアムは欲しいけど、ホテルの方がいいんじゃないかと迷ったりすることはないですか。...

トラブルで一瞬嫌な思いをしますが、自分のものなのですぐに愛らしく感じるようになりますよ。

そんなに何回も起きるものでもないでしょうから、心構えだけは持って、別荘を購入する夢は持ち続けてくださいね。

そうこう書いているときに管理会社さんからドアノブがなおったとメールが入りました。

新品のドアノブをつけました。次回インロックしてしまっても外から棒で開けれます。新品のドアノブを付け直しました。次回インロックしてしまっても外から棒で開けれるタイプです。

 

また8月に行くので楽しみです!楽しむぞー。

いつも献身的に対応してくれる管理会社さんには頭が上がりません。別荘を購入するときのポイントですね。良ければご紹介しますよ〜。

ではでは〜。

ABOUT ME
モーガン
モーガン
大学卒業後、20年IT企業に務める傍、趣味の投資活動でハワイに別荘を持つまでになりました。不動産会社の役員に転身後、2018年に会社員生活を卒業し、不動産投資専業で生活しています。