2. 購入後の利用編

購入した後に気付いた失敗しない内見チェックポイントとは?

内見で見るポイント

ハワイ中毒のみなさま、こんにちは。

ハワイでは覚醒できるのですが、日本では修行僧並みに質素な暮らしをしているモーガンです。

ハワイでは家族を連れ回す私ですが、日本ではお金もカロリーもほとんど消費しない休日を送ります。

休日は出不精でやる気を感じさせません。(自慢)

そんな私ですが、先日購入したコンドミニアムに滞在した時、購入前内見の時に気がつかなかった良さを再認識することができました。

ワイキキのコンドミニアムが快適過ぎて、ハワイでも出不精になりそう、、、

ということを言いたいのではなくて、、、

内見の時に「こんなポイントも見て見るといいんじゃないかなー」というのをご紹介したくてブログ記事を書いて見たいと思います。

このコンドミニアムを購入して良かった!と再認識したポイントを3つご紹介しますね。

もし、私たちと趣向が合うなと感じていただけたら、ぜひご自身の好みのコンドミニアムを探す時に参考にしてもらえたらと思います。

ダイヤモンドヘッドと海の景色とともに起床する朝

やっぱり部屋から見える景色は妥協したくないところです。購入したワイキキのコンドミニアムは西側に位置するので、ダイヤモンドヘッド、カピオラニ公園、ワイキキビーチを見ることができます。


朝は大きな窓全面に見えるその景色で起床すると幸福感に包まれます。

快晴であれば勿論ですが、曇りや雨でも自然豊かな壮大なパノラマを見せてくれるので「生きてて良かったー」と力が湧いてきます。

ワイキキではビューが良い物件ほど資産性が高いと言いますが、その理由がわかる気がします。

加えて意外だったのはダイヤモンドヘッド。

元気になる気がする。

ダイヤモンドヘッドが見えるコンドミニアムという条件は妻の希望があってのことでした。

私はあまり興味がなかったのですが、ダイヤモンドヘッドはパワースポットなんだそうです。

た、確かに何か感じる気がする。笑。

景色やロケーションが納得のいく物件を選びたいですね。

貿易風が通り抜ける

部屋の空気の流れも大事だなと思います。

購入したコンドミニアムでは、玄関と窓に通気口が開け閉めできるようになっています。

つまみを回すと風通しをよくできる仕様に。つまみを回すと風通しが良くなる仕様の窓。

その通気口を開けておけば、一日中、ハワイの風が部屋を通り抜けてくれます。

建物全体の風通しもとてもいいです。

長時間過ごすとなると建物の向きや部屋の構造もそういう意味では大事になってくるんですね。

どことは言えませんが、内見した時に建物や部屋の空気が滞留しているように感じた物件がありました。

そこの方が眺めは良かったのですが、そこを選ばなくて良かったのではと思っています。

管理人さん、住人の人々の感じがいいかどうかは大事

私が購入した物件は通常のコンドミニアムのため、半分弱の方がそこに定住されています。

交代制で24時間管理人さんも常駐しています。

その人たちがいい人なのかどうかで滞在中の気分が結構左右されるんですね。

内見の時は景色や部屋の設備ばかり気になっていたのですが、この一緒に住む人たちの雰囲気ってすごく大事だなと滞在した時に再認識しました。

当たり前ですが、住人さんとはエレベーターなどですれ違います。その時に皆さんとびきりの笑顔で挨拶してくれんですよ。

そして一言二言会話してくれます。

” Aloha, what a nice day isn’t it? ”

” Have a great weekend! ”

なんか現地コミュニティに入れてもらえたようで嬉しいです。

その雰囲気を壊したくないので最近は私の方から挨拶するようにしています。

ぎこちない、慣れない笑顔で、、、ですが。日本では会釈しかしないので。。。

住んでいる方は皆さん余生を前向きに暮らしているアメリカの富裕層のようです。

すごく余裕を感じます。

エレベータですれ違うのがこういう人だったら嫌ですよね。エレベータですれ違うのがこういう人だったら嫌ですよね。笑。

その中にいさせてもらえると、益々アロハな気分を味わえますよ。

これは内見の時にすれ違った人に挨拶などしたりすると察することができる気がします。

ちょっと日本人的には怖気付くところもあるかもしれませんが、ぜひやってみてくださいね。

ではでは、pōmaikaʻi(ポーマイカッイ、幸運を)

ABOUT ME
モーガン
モーガン
大学卒業後、20年IT企業に務める傍、趣味の投資活動でハワイに別荘を持つまでになりました。不動産会社の役員に転身後、2018年に会社員生活を卒業し、不動産投資専業で生活しています。